プロジェクト管理と会計

すべての特注製品の調達とスケジュール管理で優位に立ちます。材料の入手可能性に基づいて、すべての組み立てアクティビティを再設定することができます。必要な時に必要なリソースが利用できることを保証するために、複数のプロジェクトの管理が簡単にできます。

プロジェクト管理

  • 投資・時間・コストのプロジェクトを、計画・作成・管理・制御・完了します。 
  • 複数のサブプロジェクトから構成されるプロジェクト階層を作成します。 
  • どんなサイズのプロジェクトも簡単に計画できます。利用可能なリソースを作業要件と一致させます。 
  • 作業分解構造(WBS)テンプレートを使って、プロジェクトを計画・組織します。
  • タスク要件(スキル・教育歴・経験)によって、仕事に最適なリソースを見つけます。

作業分解構造

  • 階層構造の作業分解構造(WBS)を作成します。 
  • 具体的な情報を追加します。;スケジュール・要件・推定コスト・収益・スキルまたは特徴など。

プロジェクトのリソースとスケジュールの管理

  • タスクをスケジュール化し、リソースを配置します。
  • スケジュール・労働力の使用状況・完了するためのコストを追跡します。

プロジェクトの時間と支出

  • 素早く正確にプロジェクトの時間と支出を捕捉します。 
  • 内蔵された承認プロセスを使って、プロジェクト時間管理またはエンタープライズ・ポータルを通じて、タイムシートを入力します。 
  • 支出管理によって、特定のプロジェクトに対して出張関連費用を請求します。
  • 単一のプロジェクトに対して、または複数のプロジェクトにまたがって、支出を分配します。

プロジェクトの会計と請求

  • プロジェクトコスト・従業員の時間・使用された材料・発生した料金を入力し、項目化します。 
  • プロジェクトの請求処理を合理化します。 
  • 時間・支出・商品・販売注文・料金・予約代金・支払いの事前控除・マイルストーンなどに対して、請求書の提案を作成・編集します。 
  • 複数の取引先や内部組織の間でプロジェクトコストが共有できるように請求処理を分割します。 
  • 取引先の請求書や仕入先の支払いに対して、特定の保持期間を設定することができます。 
  • 取引先に送付される前に、承認ワークフローが正確なプロジェクト請求書であることを保証します。 
  • プロジェクトの仕入先に対して、支払いをスケジュール化します。 
  • 仕入先に対する支払いの一部を保持します。
  • 支出限度によって、プロジェクトコストに契約上の上限を超えないようにします。

プロジェクト見積り

  • 作業分解テンプレートを使って、正確なプロジェクト見積りを素早く組み立てます。
  • プロジェクト見積りの収益性を使って、追及すべき適切な機会を選択します。 
  • 見積り承認ワークフローによって、プロジェクトを視覚的に確認できるようにします。

収益の認識と仕掛品(WIP)

  • コスト超過の可能性を避けるため、実際のコストを認識します。 
  • 完了割合または完了した契約に基づいて、固定価格の仕事の収入を記入・計上します。 
  • 粗利益を認識するために、実費でのプロジェクトの収入を計上したり、またはコストを現金化したりします。 
  • 仕掛品の価値を固定価格へ最終的に除外する前に、投資プロジェクトのためのWIPを操作します。

プロジェクトの予算化とコストの管理

  • 予測(時間・費用・商品・料金・掛取引)や予算によって、プロジェクトを管理します。 
  • プロジェクト予算によって可能になったワークフローを通じて、当初予算とその改定を承認します。 
  • 予想される合計コストを確認し当初予算と比較するために、実際のコスト・確定済みコスト・予算の残額をまとめることで、プロジェクトコストの管理を維持します。 
  • 実際の経過時間と予算化された時間を比較することで、利用率を計測します。
  • プロジェクト見積りによって、プロジェクトまたは契約の請求済みかつ負担されるべき取引の状況を比較します。

Microsoft Projectの相互運用性

  • Microsoft Project Server 2010のスケジュール化・リソース管理機能を使って、プロジェクトの納期を統合・合理化します。 
  • プロジェクト・アクティビティ・タスク・リソースの配置に対して、Microsoft Projectには双方向の相互運用性があります。

報告

  • プロジェクトの会計キューブ内の事前定義されたKPIによって、プロジェクト管理の実績に対する知見を得ます。 
  • 利益と損失・消費されたコスト・給与の配分・掛取引の請求書・実際のコストと予算化されたコストの比較・キャッシュフローなどに関するレポートを含む、標準的なレポートにアクセスします。 
  • プロジェクト実績のリアルタイムな概観を得るために、プロジェクト制御を使用します。 
  • プロジェクト実績のリアルタイムな概観を得るために、利用制御を使用します。
+1 (305) 744 5901